武夷山R833



ホペイレコード認定された個体を武夷山R833として管理することにしました。
RはレコードからとったRです。

20161020130727052.jpg

今日はR833が羽化して掘り出した際の時のことを書いてみたいと思います。
今年の3月羽化なので半年以上前のことですが(笑)



R833の3本目菌糸ビン投入時の体重は34.2gと別系統の最大34.5gに次ぎ
二番目の大きさでしたが、掘り出しを行う際にはあまり意識していなかった感じでした。
今思うと、体重からは大きさが期待ができるはずなのにドキドキした感覚がなかったのは不思議ですが、
ラインとして大きさを期待していたのは他にあったからだと思います。

このラインはBE-KUWA記事にも書きましたが、種親♂サイズが72.9mmと小さく、形を意識して組んだラインです。


その種親♂
2016101621275054e.jpg



蛹室はボトル下部に作成されていて、よくある側面に沿う形ではなくボトル直径方向に作られており
羽化しているのは小さい小窓から何とか確認できるような状態でした。

いつものように慎重に掘り出しを進めタライの上にコロンと排出すると裏向きに出てきました。

まずは羽化不全が無いことを祈る気持ちで手でひっくり返し不全が無いことを確認し安堵。
他の個体を見る時もそうですが、だいたい最初に見るのはお尻のあたりで翅がちゃんと締まっているかを見てしまいますね。

手に持ち全体を見て「これはデカイ」と思いました。

出てきたばかりの時の写真
20161016212650c40.jpg


ただこの時点では前ギネスの82.7mmを超えたとは思いませんでした。
ホペイで81mm以上を手に乗せたことがなかったため私にその感覚がなかったというのもありますが、
それよりも私のブリードはまだまだギネスに挑戦できる段階ではないと思っていたことが大きかったと思います。
この年の目標サイズ81mmは超えているな、82mmぐらいあるかもしれない?という心境でした。

まだ赤みが少し残っている状態だったのでその日はノギスを当てませんでしたが、
次の日には我慢できずにそ~っとノギスを当ててみるとその数値は前ギネスを超えており「嘘やろ??」と思いました




掘り出し後3週間ほど経過したときの写真
20161016212816398.jpg
経時的にまだ縮むとしても自分が計測した限りでは前レコードを0.5mm以上、上回ったところで落ち着くかなと思っていました。


その後、5月にむし社へ持っていき計測してもらいましたが、編集長に測定してもらっている最中は固唾を飲むような心境で、「ありますね。」の一言を聞いた時には、新レコードの権利が発生したので嬉しかったのと同時にほっとしました。

それから10月のBE-KUWAレコード号発売までは結果は全く知らされませんので、発売と同時に購入しページを見たときはメチャクチャ嬉しく思わずガッツポーズが出ました(笑)




大事な来年の種親ですが、毎日のように手に乗せ眺めています。






スポンサーサイト

BE-KUWAレコード ホペイ部門で獲得!


BE-KUWA61号
第16回クワガタ飼育レコードコンテスト ホペイ部門において
レコード認定いただきました。


中国福建省武夷山産CBF1
2016年3月羽化
公認記録83.3mm
20161015173648fa2.jpg


本当はギネス超えが出たとわかった時点で真っ先に此方のブログを見に来てくれている方々にご報告したかったのですが、ルール上、事前公開ができないため本日の報告となりました。

本日は主役であるギネス武夷山ホペイの写真のみ掲載させていただき、後日飼育記録などブログ記事にしたいと思います。






目標達成!


右側のフォーム(PC画面)に記していますが、
2015年度のブリード開始時に
飼育目標を81mmアップと掲げて、
一年間取り組んできました。

そして羽化するこの時期、
成果を確かめる最大のイベントにおいて
至福の瞬間を味わうことができました。




201605080907537a8.jpg



20160508090754270.jpg



20160508090756418.jpg

4月初旬の羽化で、羽化後約1ヶ月経ったので
ほぼ固まっていると思います。

ラベルには81.4mmと書いており
ノギス写真は81.3mmを示していますが
だいたいその程度ということで(^_^ゞ

データ的に不思議なのは
二本目交換時に32gあったのが暴れ、
三本目交換時に25.2gまでダウンしているのに
81mmを越えてきた点です。

あと着目する点としては、
種親♂が二期目連続使用した再来(ペットネーム)
という点です。(♀とはクロスブリード)
必ずしも若くてバージンの♂が大きい子孫を
残すとは限らないという一つのデータとなりました。


スタイルもとてもかっこよく、
アゴがグゥ~ンと伸びて力強い印象です。
写真ではアゴが太く見えませんが、
手に乗せて見ると太く見えます。





飼育者が勝手に掲げている目標ではありますが、
虫が期待に応えてくれたと考えると
何とも言えない嬉しい気持ちが込み上げてきます。








2015年度武夷山良形個体


2015年度良形個体を紹介します。
いずれも2016年4月羽化です。




20160505214144406.jpg

201605052141468c6.jpg






20160505214722faf.jpg

20160505214724be1.jpg






2016050521494928e.jpg

20160505214950e6b.jpg






20160505215218ddc.jpg

201605052152191c2.jpg






20160505215350e37.jpg

20160505215351401.jpg






20160505215514005.jpg

20160505215516dd4.jpg






2016050521591219a.jpg

2016050521591569f.jpg






201605052200304c5.jpg

2016050522003172f.jpg






2016050522024864d.jpg

20160505220250bb7.jpg



まだ蛹のもいますので、
いいのが出たらまた紹介します。


お気に入り再撮影



先日紹介したお気に入り個体の撮影を
屋外で行いました。

写真の撮り方で雰囲気が変わりますので
何枚か載せてみたいと思います。

今年4月の羽化で今のところ80.6mmほどあります。


14610666640.jpeg



14610667550.jpeg




14610668260.jpeg




14610668910.jpeg




14610669570.jpeg




14610670330.jpeg







プロフィール

OtokonoRoman

Author:OtokonoRoman
クワガタの飼育で一喜一憂しています。特にホペイが好きです。
中でも福建省武夷山(ウイシャン)血統をメインに取り組んでいます。

【2017年度ホペイ目標】
●飼育目標:83mmオーバー!
今期種親(エース2頭のみ記載)
♂R833(2016年飼育レコード)
♂T798(2016年羽化№1)
●飼育方針:♂も♀も丁寧に飼育!

【2016年度ホペイ実績】
●目標82mmオーバーを達成!
偶数年度エースインラインで82.4mm羽化

【2015年度ホペイ実績】
●目標81mmオーバーを達成!
武夷山血統で83.3mmが誕生しレコード認定いただきました。
●形状面では武夷山に求める理想的な個体が誕生!(プロフィール画像の個体)
サイズ79.8 頭幅28.9 顎幅6.6

【2014年度ホペイ実績】
●目標80mmオーバーを達成!ホペイで80オーバーは自身初

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
累計訪問者数