武夷山T798系交換


16年羽化No.1♂T798ラインの3本目交換を行いました。

20180121151023303.jpg

20180121151028ee0.jpg

20180121151018477.jpg

2本目菌糸の培地を良い状態を保つことができました。
28.6gの方は20.2gからのジャンプアップです。

今年は2本目からあるアイテムを採用しましたが予想を上回る成果が得られました。3本目にも使用しており、羽化結果へと繋がれば大きな収穫です。


大きくて太く、ゴツい個体が羽化してくるよう
願いを込めてボトルへ投入しました。


スポンサーサイト

武夷山♂3本目へ交換


武夷山ホペイ♂ボトルを3本目へ交換しました。

2017123110313581d.jpg
20171231103138504.jpg
201712311031387ba.jpg
20171231103140ffe.jpg

全部は写真を撮っていませんがこんな感じです。
今のところ最大は33.3gです。

どちらかというと2本目は失敗した感じです。

今年の試みで、2本目に喰わせることをトライしましたが、うまく食べれなかった幼虫達がいました。
写真の幼虫は食べた方で1本目からアップしていますがそれでも3~5gの増加に留まりました。
1本目を抑えながら早めに交換したことを考えるとやや寂しい増加です。

考えられる要因はあります。新しい菌床を試した影響と捉えています。
添加材が比較的多い菌床で、硬詰めしすぎたことも幼虫が喰い進むことができなかった要因と思っています。
25gや27gあたりから減少していた幼虫は動くことができず食痕に広がりも無く、ただ窮屈そうにしていました。
食べない、食べれない時のパターンです。
伸びた幼虫ももっと食べれたのではと推察します。

ただ、新しいことにチャレンジすることは大事なことで、それにより見えたことはたくさんあります。
来年以降に活かしていきたいと思います。

1月中旬に交換を予定しているボトルは2本目の菌床のレシピが違うため外観からも食痕の広がり方が良いです。今回交換組と比較してみたいと思います。



武夷山早期♀と通常♀



武夷山♂ボトルは今月末に交換を予定しています。最終3本目への交換は羽化サイズが決まってくるので楽しみと不安が入り交じりますね。ただ、ここまで予定通りの管理はできているので期待値の方が大きいです。また交換したら記事にしたいと思います。


さて、♀の方ですが人工蛹室に入れていた早期プロセス群が羽化してきています。

20171210081816967.jpg
羽化後少ししたら成虫用ボトルに移しています。

現在、8頭ほど羽化してますが不全なく皆きれいな状態です。
早期♀の系統はレコードR833の子とNo.1T798の子です。
R833とT798はまだまだ健在なので掛け戻し交配とクロス交配を予定しています。もちろん17年羽化No.1♂と16年羽化No.1の子供♀(今回の早期)交配もやります。



一方通常♀は昨日ボトル交換を行いました。
201712100818113fc.jpg
カンタケとタダノヒラタケを半々使用です。
タダノヒラタケは使ったことがありますがカンタケは初めて使います。
似たような感じの菌床ですが、もしホペイに食べさせることを考えるならカンタケの方かなと思いました。
来年羽化に向けて昇温した際の状態を観察したいと思います。


通常♀も丁寧な扱いを心掛けてます。


武夷山早期♀羽化と越冬準備


武夷山早期羽化プロセスの♀第一号が羽化しました。

201711251057497f5.jpg
2017.11.23羽化

来年種親として活躍してもらうための管理を行います。

他の早期プロセス♀も現在蛹で順調にきてます。



それから今年羽化した成虫たちも越冬用に加湿したマットを厚めに入れたケースに入れました。

20171125105752995.jpg
201711251057522e4.jpg



来年も楽しみがいっぱいですね。


人工蛹室


武夷山早期羽化プロセス♀を人工蛹室に移動しました。

20171115201444193.jpg
(他にもう一ケースあり)


7/初に購入した菌糸ボトルでは、24℃恒温管理でもキノコが生えてきて除去しても再生が止まらず・・・・・

オアシスで作った人工蛹室へ移すことにしました。
キノコの要因としては他に、比較的高添加の菌糸であること、空気循環が比較的高めの環境へ移したこと、蛹化又は前蛹までの29℃から24℃へ移したことが上げられます。


同じ環境でも二本目にフレッシュな菌糸に交換した♂用ボトルはキノコが生えていません。



あと2頭ほど前蛹の♀がいますが、予定内の12月にはほぼ羽化してきそうです。


羽化して終わりではないので産卵までのプロセスも決めてあります。



プロフィール

OtokonoRoman

Author:OtokonoRoman
クワガタの飼育で一喜一憂しています。特にホペイが好きです。
中でも福建省武夷山(ウイシャン)血統をメインに取り組んでいます。

【2017年度ホペイ目標】
●飼育目標:83mmオーバー!
今期種親(エース2頭のみ記載)
♂R833(2016年飼育レコード)
♂T798(2016年羽化№1)
●飼育方針:♂も♀も丁寧に飼育!

【2016年度ホペイ実績】
●目標82mmオーバーを達成!
偶数年度エースインラインで82.4mm羽化

【2015年度ホペイ実績】
●目標81mmオーバーを達成!
武夷山血統で83.3mmが誕生しレコード認定いただきました。
●形状面では武夷山に求める理想的な個体が誕生!(プロフィール画像の個体)
サイズ79.8 頭幅28.9 顎幅6.6

【2014年度ホペイ実績】
●目標80mmオーバーを達成!ホペイで80オーバーは自身初

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
累計訪問者数