ウッディ菌糸投入



その後のガントクウッディですが、
孵化数は全部で16頭でした。

時系列では、
9/29 ペアリング開始
10/1 産卵セット投入
10/5 2個
→①11/6 1頭孵化
→⑫11/13 1頭孵化
10/6 1個
10/9 4個(2個産み)
→②11/3 1頭孵化→12/5☆を確認
→③11/5 1頭孵化(2個産みから)
→④11/6 1頭孵化
→⑤11/7 1頭孵化(2個産みから)
10/11 3個
→⑥11/8 1頭孵化
10/13 3個(2個産み)
→⑦11/8 1頭孵化
→⑧11/11 1頭孵化(2個産みから)
→⑨11/11 1頭孵化(2個産みから)
10/18 7個(2個産み×3組)黒点あり
→⑩11/13 1頭孵化(2個産みから)
→⑪11/13 1頭孵化
→⑭11/24 孵化確認(孵化していた)
10/18 再ペアリング
10/21 5個(全て状態悪く潰れやすい)
10/22 4個(1日で5個産み内1個×)
10/30 1個
→⑬11/24 1頭孵化
10/30 再ペアリング
11/2 1個
→⑮11/26 1頭孵化
11/7 1個
→⑯11/26 1頭孵化
11/6 種親♂☆
11/7 種親♀☆
採卵数計32個(2個産み5組)
孵化数計16頭


産卵から孵化のステージは、ウッディ飼育ならではのドキドキ感を味わいながら十分満喫することができました。

孵化後は個別にプリンカップに入れマット飼育をしてきましたが、1ヶ月経過したのでそろそろ菌糸への移行を始めました。

20161211104806d16.jpg
幼虫のお腹にマットを食した形跡が見られ、まずは順調であることを確認。




201612111048078d7.jpg
12/5 プリンカップ120へ。
菌糸はブナヒラタケで自詰めのプリンカップです。
FE菌糸ではありませんが、自分で良いイメージが持てた菌糸をチョイスしました。
いつでも調達が可能のようなので今後の菌糸の準備にスケジュールで悩むことはなさそうです。

とりあえず様子見で3頭だけ菌糸へ入れましたが、早速ウッディの癖?のような行動が見られました。
菌糸上部に出てきてしまう行動です。
ただマットでも縦に動く個体が多かったので特別菌糸を嫌っているとは判断していません。
投入穴を少し広げ再投入しておきました。


3頭を観察しながら他の幼虫も順次菌糸へ移し替えていきたいと思います。



スポンサーサイト

ウッディ孵化



ガントクウッディの卵はその後も順次孵化しており、現在の孵化数は11頭まできました。


11/13孵化の2頭
2016111413153029f.jpg




時系列でまとめると

9/29 ペアリング開始
10/1 産卵セット投入
10/5 2個
①11/6 1頭孵化
10/6 1個
10/9 4個(2個産み)
②11/3 1頭孵化
③11/5 1頭孵化(2個産みから)
④11/6 1頭孵化
⑤11/7 1頭孵化(2個産みから)
10/11 3個
⑥11/8 1頭孵化
10/13 3個(2個産み)
⑦11/8 1頭孵化
⑧11/11 1頭孵化(2個産みから)
⑨11/11 1頭孵化(2個産みから)
10/18 7個(2個産み×3組)黒点あり
⑩11/13 1頭孵化(2個産みから)
⑪11/13 1頭孵化
10/18 再ペアリング
10/21 5個(全て状態悪く潰れやすい)
10/22 4個(1日で5個産み内1個×)
10/30 1個
10/30 再ペアリング
11/2 1個
11/7 1個

採卵数計32個(2個産み5組)
孵化数計11頭


20161114131529423.jpg
孵化した幼虫は個別にマット管理


2個産みされた卵も、片方だけ孵化、両方孵化のパターンで孵化してきています。

ここまでくると卵の生命力が強いと判断できます。

種親♂のWILDからの力とWF1♀の力が合わさり、私のような初心者でもウッディ卵の孵化を体験することができたと思います。

特に飼育品の♀は購入先(MANDIBRES 様)で体が成熟するまでの管理が確りなされていたからこその結果と考えています。

あと数個は孵化しそうなので引き続き見守りたいと思います。

ウッディ種親☆



種親に使用したガントクウッディが☆になりました。

201611071321189a8.jpg
♂WILD ♀WDF1

♂は11/6に☆になり、後を追うように♀も11/7に☆を確認。


本日産卵木を確認すると木口に1個を産んでくれていました。
20161107132119eb5.jpg
最後までよく頑張ってくれました。




現在の孵化状況は5頭です。

9/29 ペアリング開始
10/1 産卵セット投入
10/5 2個
→11/6 1頭孵化
10/6 1個
10/9 4個(2個産み)
→11/3 1頭孵化
→11/5 1頭孵化(2個産みから)
→11/6 1頭孵化
→11/7 1頭孵化(2個産みから)

10/11 3個
10/13 3個(2個産み)
10/18 7個(2個産み×3組)黒点あり
10/18 再ペアリング
10/21 5個(全て状態悪く潰れやすい)
10/22 4個(1日で5個産み内1個×)
10/30 1個
10/30 再ペアリング
11/2 1個
11/7 1個

採卵計32個(2個産み5組)
孵化計5頭



1頭でも多く孵化してほしいです。



ウッディ孵化



ウッディ2頭目が孵化しました。

20161105115348e12.jpg
10/9採卵→11/5孵化(個別にプリンカップへ移し換え済)





前回孵化した1号が移動して寄り添っていた卵が孵化しました。(矢印の卵)
201611051153463c4.jpg
今回孵化した卵は2個産みされた内の1個です。
もう片方は赤⭕で囲った卵ですが、こちらは膨らみ方が弱いため孵化するか微妙です。


2個産みから孵化が確認できたことは大きな進展です。
これまで5組(10個)が2個産みされていて、2個産みはほとんど孵化しないとの情報もあることから諦め感が強かっただけ喜びも大きいです。


ウッディ孵化



待望のウッディ孵化第1号が誕生しました。

201611040239443c3.jpg
気づいた時には隣の卵のところまで移動していました。

ウッディブリード2回目の挑戦で初めて孵化までたどり着いたのでとても嬉しいです。

10/9採卵~11/3孵化なので概ね25日で孵化しました。
卵の管理温度はワインセラー内保管で19.5~20.0℃です。
この時期夜間室温は14℃ほどまで下がるので、パネルヒーターとの併用です。


これまでの産卵状況

9/29 ペアリング開始
10/1 ♀単独産卵セット投入
10/5 2個
10/6 1個
10/9 4個(2個産み)→1個孵化
10/11 3個
10/13 3個(2個産み)
10/18 7個(2個産み×3組)黒点あり
10/18 再ペアリング
10/21 5個(全て状態悪く潰れやすい)
10/22 4個(1日で5個産み内1個×)
10/30 1個
10/30 再ペアリング
11/2 1個

合計30(2個産み5組)

♀はまだまだ元気で産卵を継続してくれています。

卵の状態は半数が膨らんできており期待できますが他は消滅したものや膨らんでこないものもあります。

さてさて、1頭孵化したことは大きな進展です。
今後の孵化を楽しみにしたいと思います。


プロフィール

OtokonoRoman

Author:OtokonoRoman
クワガタの飼育で一喜一憂しています。特にホペイが好きです。
中でも福建省武夷山(ウイシャン)血統をメインに取り組んでいます。

【2016年度ホペイ目標】
●飼育目標:82mmアップ!
●飼育方針:丁寧に!(特に♀!)

【2015年度ホペイ実績】
●目標81mmオーバーを達成!
武夷山血統で83.3mmが誕生しレコード認定いただきました。
●形状面では武夷山に求める理想的な個体が誕生!(プロフィール画像の個体)
サイズ79.8 頭幅28.9 顎幅6.6

【2014年度ホペイ実績】
●目標80mmオーバーを達成!ホペイで80オーバーは自身初

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
累計訪問者数