建陽ボトル交換


7月にくわがた村で購入した建陽ホペイ幼虫のボトル交換を行いました。
購入した際のブログはこちら

ショップの話では、「建陽の幼虫は40gになるから!」
とのことなので、ボトル交換もひときわ楽しみです。

20141128172504854.jpg


今回交換するボトルは、
1本目 7月初旬 ストロング440(ショップにて投入)
2本目 9月初旬 LVG or E24 or 31k 1,500

今回3本目への交換です。




では、掘り出した順番に。






1本目
ゴロン!
2014112817200818.jpg
32.7g

いきなり大きいのが出てきました!
約5ヶ月でこの大きさです。


本当に40gがでるかも?

と次からのボトルに期待が高まります。







2本目
20141128171605416.jpg
28.3g
アレッ?
40gのはずが・・・・・


でもまあこれだけあれば十分満足です。








次のボトルは2本目交換時のラベルに
「♂♀不明」
と記入されていたボトルです。



3本目
20141128171103654.jpg
22.3g
小さっ!


ん?でもよく見ると♂にしては頭が小さいのでは?
卵巣やチン線を確認してもよくわかりません・・

たぶん♀だと思いますが、22.3gって・・・

楽しみに羽化まで待ちたいと思います。







4本目
20141128143304385.jpg
25.5g

う~ん。





交換は以上です。

建陽幼虫は全部で9頭購入しましたが、
その他のボトルは♀です。



この先40gまで持っていくのは難しいと思いますが、
この血統は幼虫体重が乗ることは十分実感できました。


羽化までしっかりと管理していきたいと思います。

スポンサーサイト

武夷山♂羽化

武夷山♂が羽化してきました。



ラインはM80-3番です。
サイズはまだ測っていませんが落ち着いたら74mmほどではないかと思います。


顎の太さと長さがもう少し欲しいところですが、全体的なバランスとしてはボチボチといったところです(^_^)v


武夷山♂では、この仔の他にも近々羽化してくるのがあと2頭います。

その他は現在冬温度で管理しており来年羽化してくる予定です。

武夷山♀続々羽化


11月初旬より、武夷山ホペイの♀が続々羽化してきています。


20141124123904630.jpg

いずれも4月初令採取、1本目投入です。








軽くノギスを当ててみると50mmを超えているのもいました。

20141124123905569.jpg

7ヶ月羽化なので早期羽化とは言えませんが、

年内羽化した♀の中から選抜し、来期の種親になってもらう予定です。




ここ最近、

「フレッシュな♀親を用いることで、より大型の仔が得られやすい」

というのが定石となりつつあるようですが、

自分でも試してみたいと思います。



順昌♂羽化

14年ブリードで♂の第1号羽化を確認しました。




順昌WF7
IMG_0009.jpg
2014/4/18 1本目 2令 LVG-SP800
 〃 /6/29 2本目 26.0g LVG-1400H
 〃 /10/15 蛹化確認
 〃 /11/17 羽化確認

サイズは種親と同じぐらいです。
アゴはなかなかですが、頭がちょっと弱い感じです。






こちらが種親です。 74mm
IMG_0008.jpg



産卵セット~割り出しの日程は武夷山と同じでしたが、
成長進度が他の幼虫も含め明らかに順昌の方が早い感じでした。
もちろん武夷山も順昌も同じ温度帯で管理してのことです。





それにしても新成虫はピカピカでかっこいいですね!



アンテ用菌糸ボトル到着

アンテ用菌糸ボトルを購入しました。


EXCELLENT


夏に1200を5本購入しましたが、その内1本はカビが生えた状態で納品されました。


他の4本も上部に水溜まりがある状態で、すぐには幼虫を投入する気にはなれず、しばらく経ってから使いました。


今回は800を購入。

1200とは違った印象です。





WISH-A


WISH-Kは昔使ったことがあります。


以前と変わらず外観から見た品質はバラツキが少なく良い状態に伺えます。比率は
EXCELLENT6:WISH-A4です。





二種類の菌床を比較していきたいと思います。


武夷山三本目交換

武夷山三本目への交換を行いました。




20141108160310252.jpg
一本目の食い上げは良かったのですが二本目でダウンしてしまいました・・・





20141109113505175.jpg
20141109114406345.jpg
もうチョット伸びて欲しかった!






20141109114905226.jpg
20141109115404704.jpg
まずまずといったところです。






20141109115505854.jpg
20141109115703581.jpg
いい感じで伸びてくれました。






20141109120205542.jpg
20141109120206531.jpg
期待の30オーバーがダウンしていました・・・



二本目に使った菌床ですが、
LVGはボトル外観・体重経過ともにいい感じですが、

31Kの使用感がイマイチ悪い状況で体重経過も良くありません。
二本返しを予定していたボトルも三本目へ交換しなければならない状況で、
ちょっと苦戦をしいられています。


ほとんどのボトルが写真右側のような状態です。(左はLVG)
20141109120704710.jpg
20141109120705657.jpg

11/9追記
ラベル記入間違いに気がつきました。
三本目投入日は10/8ではなく11/8の誤りです。


引っ越しました

本日よりこちらのブログに引っ越しました。




さて、改めて今期のブリ状況ですが、

・福建省武夷山産ホペイ幼虫170頭
・福建省順昌産ホペイ幼虫4頭
・福建省建陽産ホペイ幼虫9頭
・インドアンタエウスガントク産幼虫約50頭

こんな状況です。


現在の幼虫ステージに関して、
武夷山と順昌は3令終期に入っており、
10月末から徐々に冬温度に移行していっています。
ちなみに割り出し~初令投入は4月中ごろ行っています。

建陽は夏ごろショップで幼虫購入したものですが、
7月初令投入とのことでしたので現在3令中後期といったところです。

インドアンタエウスは先月割り出したばかりで、
現在マット入りプリンカップで管理中です。


さてさて、ステージの違いと種の違いにより、
大まかには3通りの温度帯が必要なわけですが、
簡単に環境を整えられるものではありません。

加えて既に蛹化しているものも含めると更に複雑です(笑)


メインの武夷山のブリスペースは現在19℃前後で
安定させていますが、他はワインクーラーやパネルヒーターを駆使し
四苦八苦しながらなんとかやっているといった感じです。


そうそう、ブログ引っ越しのついでにタイトルも変えました。

「逆襲のホペイ」

以前は国産オオクワよりホーペの方が大型になりやすいと言われていましたが、
驚いたことにブリ再開後に調べてみると、サイズ的に逆転し、しかも大きく溝を
開けられている状況には大変驚きました。

再逆転!とは簡単に言えないほど国産オオクワは遥か遠くへ行ってしまいましたが、
せめて背中が見えるほどには詰め寄りたい!
との思いがあり、それを表現したタイトルにしました。
もちろん国産オオクワも好きですけどね。

加えて、
過去のようなホペイブームは厳しいにしても、
ホペイ愛好家がもっと増えるといいなという願望も含んでいます。


そんなわけで、
ホペイ血統の中でも自分が大好きなスタイルの武夷山で
今年度目標としている80mmアップを実現するべく取り組んでいる最中です。



一喜一憂しながらやってる内容をブログにて綴っていきたいと思います。


プロフィール

OtokonoRoman

Author:OtokonoRoman
クワガタの飼育で一喜一憂しています。特にホペイが好きです。
中でも福建省武夷山(ウイシャン)血統をメインに取り組んでいます。

【2017年度ホペイ目標】
●飼育目標:83mmオーバー!
今期種親(エース2頭のみ記載)
♂R833(2016年飼育レコード)
♂T798(2016年羽化№1)
●飼育方針:♂も♀も丁寧に飼育!

【2016年度ホペイ実績】
●目標82mmオーバーを達成!
偶数年度エースインラインで82.4mm羽化

【2015年度ホペイ実績】
●目標81mmオーバーを達成!
武夷山血統で83.3mmが誕生しレコード認定いただきました。
●形状面では武夷山に求める理想的な個体が誕生!(プロフィール画像の個体)
サイズ79.8 頭幅28.9 顎幅6.6

【2014年度ホペイ実績】
●目標80mmオーバーを達成!ホペイで80オーバーは自身初

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
累計訪問者数