武夷山SAI-3番ライン再撮影



先日羽化した武夷山が黒く固まったので再撮影を行いました。

IMG_0015.jpg
とにかく動き回るもんでなかなかうまく写真が撮れません。

体長は78.0mmです。

8ヶ月弱で羽化した割りにはなかなかのサイズで、
上翅も綺麗に収まり余裕がある感じです。

顎の形状は自分の理想とは違いますが、
サイズ狙いで来年種親として使ってみるかもしれません。



幼虫部屋ですが、
現在21.0~22.5℃です。

徐々に温度を上げていっています。




スポンサーサイト

昇温開始



12/11 大安吉日(縁起を担いで)
いよいよ2014年度ホペイ幼虫飼育スペースの昇温を開始しました。

20141211121003957.jpg

以前にも紹介しましたが、
冬季は一畳ほどのスペースで恒温管理を行っています。
といっても10月中ごろから移動させていますが。

現状、此処しかスペースの確保ができないため、
特に狭い横幅で多くのビンを観察できないのが難点です。

奥行はあるので35cm×2列メタルラックを設置しています。



昇温機材は、昨年はセラミックファンヒーターを使用しましたが、
今年は出力500Wのミニオイルヒーターの導入です。

一畳ほどのスペースではファンヒーターによる湿度の低下が
著しかったので変えてみました。

今のところ、17.5~18.5℃ → 19.5~21.0℃昇温させましたが
機材の能力に余裕が感じられます。

年内は下限値を21.0℃までゆっくりと持っていき、
来年1月中~後半に掛けてMAX26.5℃まで上げていく計画です。
もちろん幼虫の動向を見ながら臨機応変に対応はしますが (^^ゞ



みんなうまく蛹室を作ってちょうだいね!



武夷山♀計測



先月羽化した武夷山♀の体長を測定しました。



その中で一番大きかった1頭のみ写真に撮りましたので紹介します。
IMG_0011.jpg

武夷山2014年11月羽化♀50.1mm(他にもう一頭同サイズがいました。)







既に種親として予定している14年度羽化の♀とは別に
早期羽化した♀の中からも選抜し、来年の種親として活躍してもらう予定です。
IMG_0013.jpg
ライン別に並べてみました。
全部で13頭です。


種親として選択する基準の一番目は大型化につなげることになりますが、
そこはホペイをやっている以上、形状にもこだわりたいところです。
あとはディンプルが無い(少ない)ことも選択の上で重要な要素です。
候補は追々写真に撮ってじっくりと画像でも判断したいと思います。




累代で進化を図るには、大きさにしろ形状にしろ、
いわゆる早期羽化♀を使うことは時間的なメリットとしては
そうでないのと比べ倍の速度で進められることでしょうか。


もう一つ、よく言われる早期羽化♀を種親で用いることで
大きい子供が得られやすい。
ということに関して実際のところどうなのか、来年試行し
自分の経験値としたいと考えています。

武夷山SAIライン羽化



先日、12/3に武夷山♂が羽化しました。

待望の再来(ペットネーム)の仔です。


約8ヶ月弱の年内羽化なので、♂にしては早期の部類に入ると思いますが、
エース♂から初となる仔なので早く形状が見たくて見たくて。
掘り出し前のワクワク感がハンパないです(^ ^ゞ
ちょっと早いですが我慢ならずに掘り出してみました。



データは、




6月の最終計測時23.8g
その後、ボトル交換なし、冬温度無しで羽化まで。

さてさて果たしてどれぐらいのサイズで羽化してくるのでしょうか!(≧ε≦)






では!






蛹化後、まだかまだかと毎日眺めていたボトル外観はこんな感じです(笑)

IMG_0004.jpg

菌床は約5ヶ月以上経っているためサクサク掘れます♪








やぁこんにちは!(^ ^)!
IMG_0005.jpg
不全はなさそうなので一安心(*^_^*)










そ~っと取り出して手のひらに乗せ記念撮影パシャッ!
IMG_0007.jpg
パッと見、顎に重心がある感じでなかなかいいじゃないですか!





それよりも、気のせいかなんか大きい気がする・・・








ちょっとノギスを合わせてみました。(当ててはいません。)
IMG_0009.jpg
目標達成?(笑)

しかしこれから縮むにしてもそこそこはありそうです!(^ ^)!
全く予期せぬ大きさで驚きました。

イレギュラーでこれなら、
越冬させてる組が益々期待が高まりました!






後日、固まったら再撮影と計測をしてみたいと思います。



温度状況



今年度のホペイ飼育もいよいよ第3コーナーに差し掛かってきました。
初令からもうすぐ8ヶ月を迎えようとしています。





こちらが今年の温度計画と現在までの実績です。
(一本目、二本目・・・というのはボトル交換目安で書いてるだけで実績とは異なります。)

温度管理
赤が計画で青が実績になりますが、

どちらかと言うと「攻め」を意識した計画を練ったのですが、
決してひよったわけではありませんが、実績は計画よりも水準が下の方で推移しました。

そもそも現在の持ち玉の武夷山飼育は初めてなので(数年前武夷山はやっていましたが。)
幼虫を観察しながら温度を探ってきたというのが実態です。

10月頃に蛹室を作ったのが何頭かいたため、
あわてて温度を下げたのがグラフによく表れています。


数頭しかいない別血統の順昌なんかは、
この青色のラインでは羽化まで一直線といった成長具合をしていました。
極太として築かれてきた血筋というのは、
やはり冬温度を経ず羽化まで持っていくのかなー、なんて想像しました。


実は11月後半から加温させたい衝動に駆られ、12月に入ってからも
ソワソワしたりしていましたが、
先日のくわるどさんのブログ記事を読んで、しっかりと踏みとどまることができました。


今年度の目標として80mmオーバーの大型を出すと決めているため、
成熟期間をしっかりと取り羽化サイズに反映させられればと思います。

当初予定していた、32gオーバーの幼虫が出た際に決めた通り、
12月中旬に加温開始します。




DAM

まだ紹介していませんでしたが、

10月にマレーアンタエウス キャメロンハイランドの幼虫を購入しました。









購入先はエクセレントさんで、803血統になります。




4頭購入しましたが、
個体1頭ずつにシリアルナンバーが書かれたカードが付いてきました。



経過は、
8月孵化
10月初旬2令1本目投入

一枚目の写真が現在の様子になります。



食痕はまだ少ししか出てきていませんが、

チラッと見えた頭からまだ2令と思われます。

温度は購入後から17.5~19.0℃で飼育してきました。



デカくてゴツい成虫が出てくることを夢見ながら楽しんでいます。
プロフィール

OtokonoRoman

Author:OtokonoRoman
クワガタの飼育で一喜一憂しています。特にホペイが好きです。
中でも福建省武夷山(ウイシャン)血統をメインに取り組んでいます。

【2016年度ホペイ目標】
●飼育目標:82mmアップ!
●飼育方針:丁寧に!(特に♀!)

【2015年度ホペイ実績】
●目標81mmオーバーを達成!
武夷山血統で83.3mmが誕生しレコード認定いただきました。
●形状面では武夷山に求める理想的な個体が誕生!(プロフィール画像の個体)
サイズ79.8 頭幅28.9 顎幅6.6

【2014年度ホペイ実績】
●目標80mmオーバーを達成!ホペイで80オーバーは自身初

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
累計訪問者数