2014年度 武夷山ホペイ ブリードデータ


遅くなりましたが2014年度武夷山ブリードデータをまとめましたのでアップします。
♂のみのデータです。
2014年度ブリードデータ1
2014年度ブリードデータ2

2014年度は武夷山だけで170頭の幼虫採取からスタートしました。
表に載っているのはその内の羽化まで到達した♂個体たちで計45頭です。
その他の♂は幼虫時や蛹化時、羽化時に落ちています。


データをまとめると、

◇平均羽化サイズ; 77.25mm

◇ライン別羽化サイズ順位; 一位 SAI1403=78.90mm 二位 M80-1403=78.38mm

◇菌糸ビン本数別平均羽化サイズ; 二本返し=77.46mm 三本返し=77.15mm

◇備考欄コメントは羽化時に個体から感じたことを記述しており、
 青字=一軍 赤字=二軍 と層別しています。



昨年度の取り組みで菌糸ビン二本返しと三本返しの比較を行いました。
結果のみの比較をすると二本返しの方が大きく羽化させられたという
結果となりました。
ただ、結果の単純比較のみで今後二本返しを基本にすることは今の段階では
考えておらず、今年は全て三本返しを行う予定です。


菌糸ビンメーカーはE社とK社の二社のものを使いました。
使い勝手と結果からどちらも良い菌床と思います。
ただ、特性(設計コンセプト)が異なることから同期に二社を使うより
一社に絞って使った方がそれぞれの菌床のポテンシャルを引き出せる
ように思います。
ですので今年は一社のみでいくつもりです。


青字の一軍個体が多いSAI-1401ラインですが、
エース♂とエース♀の配合なので当然といえば当然の結果です。
ダントツ№1 (SAI1401-31)もこのラインからです。
改めてブリードは種親(血)次第ということを再認識しました。


総評

2014年度は、2005~2007年頃以来、久しぶりの武夷山血統再開した初年度でしたが、
80mmアップが複数誕生したり唸るような良形に巡り合うなど十分に満喫できた年でした。
まさにホペイブリーダー冥利に尽きる一年だったと言えます。
20年ぐらい前から築き上げられた血統だと思いますが、
改めてこの武夷山ホペイの血統を作られた方の凄さを感じましたし、
それを受け継いでブリードを続けられ、私にお譲りいただいた方への感謝の気持ちでいっぱいです。
この場を借りてお礼を述べさせていただきます。
ありがとうございました。


2015年羽化№1
2014年度№1 (SAI-1401-31) 78.41mm



スポンサーサイト

ウッディ採卵


ブータンウッディの産卵状況を確認しました。

前回ブログで書きましたが、あと少ししたら転勤となるため
短期間での確認作業となっています。

◇6/10~ ♀を産卵セットに投入

◇6/16 産卵状況の確認



産卵痕1

産卵痕2

産卵痕3

産卵痕4

一応セットした全ての材に♀が齧った痕が確認できます。

ただ埋戻しもされていないようですしピンセットで少し探ってみましたが
卵は出てきませんでした。

いわゆるこれがウッディ特有の空砲ってやつなんでしょうね。


もしかすると♂と掛かっていないことも考えられますが、
そこは自信を持って再ペアリングは行いません。
延べ5日間同居させていますし、何より自分に猶予の時間がありません(笑)




◇6/16~ 齧り具合は悪くないため全て同じ材で♀を再セット

◇6/19 再び産卵状況確認






ん?! どうやらこれはキチンと埋戻しがされているようです!
ウッディ埋戻し







ピンセットでそ~っと木くずを取り除いていくと・・・・・









キターーー!!

ウッディ卵室
ありましたよありましたよ! 待望の卵です!








慎重に卵を取り出し発酵マットの上に置き、
ウッディ採卵後マット








大切に保管します。
ウッディ卵保管


まだ産み落とされたばかりで楕円形ですが、
色艶からなんとなく健康そうな卵に見受けられます。


とりあえず産卵まで確認できたため次は孵化ですね。
もちろんまだまだたくさ産んでくれることも期待して。



ウッディ♀産卵セット投入


ブータンウッディの♀をいよいよ産卵セットに入れました。


予定していた計画より前倒しとなってしまいました。

実は先日、人事異動の内示をいただいたのですが、
7月から、ちょっと簡単には帰ってこれそうにない任務を
任されてしまい、月一ではおそらく帰れない見込みです。

はい、異動、転勤です(苦笑)

話を聞いて真っ先に心配事として頭に浮かんだのは
家族のことよりもクワガタでした(笑)

まぁ海外ではないので万一の場合は力技で無理やり
帰宅することもできなくはないと思いますが、
異動先の部署を拠点として全国アチコチの事業所へ
行かねばならないので現実は厳しいですね。

たかが半年程度ではあるものの
されどクワブリには最も大事な時期・・・・・

まぁ、なるようにしかなりませんね(笑)

というわけで、赴任先にウッディ産卵セットを持って
いくわけにもいきませんので、予定前倒しでの
産卵セット投入となりました。




前回までの流れからの続きを整理しますと。

◇6/3~ ペアリング開始(♂♀同居)

◇6/6 一旦セパレート
    同居開始後はメイトガードなど仲のよい雰囲気でしたが、
    3日ほど経つと召すがケース内で徘徊する行動が目立つ
    ようになり、それに苛立ちを感じるかのように♂が乱暴
    な感じにもなったため一旦離しました。

◇6/8~10 ペアリング再開
    二日間の別居生活で落ち着いてゼリーを食べさせた後
    再び同居させました。

    この間にひらめいたアイデアで、巷では通称「ギンパウ」
    と呼ばれているDDAさんの動物性タンパク入りのゼリー
    を買って♂♀両方に与え始めました。
    パウダーの方も購入しましたが、今のところはパウダーinゼリー
    の方を与えています。
    ちょっとひらめくのが遅くもうちょっと早くから食べさせれば
    よかったと反省。
    もしかしたら産卵後の卵の孵化に良い効果が得られるかも
    しれないと思っています。
    商品説明を読む限りでは理にかなっていると思います。

◇6/10 ♀を産卵セットへ投入(今日ここ)
    一週間ほどバクテリアマットに漬け込みを行った産卵木を
    取り出し一本一本の雰囲気を確かめながら最初に使用する
    木を選定、セット。


    こんな感じ
ウッディ産卵ケース



◇ケース底から3cm醗酵マットを押し固め

◇その上に適度な間隔で産卵木を立てて並べ

◇隙間には水で湿らせたミズゴケを適当に入れる

教科書(ビークワ)に載っていたのを参考に。

◇木は左からエノキカワラ材・砂埋めレイシ材・ナラ材・ナラ材です。
 上に置いたゼリーは引き続きギンパウです。

◇暗所に保管し間接的に風が当たるようにサーキュレーター稼動
 温度は24℃程度






そして・・・・・






約4時間後に観察すると・・・・・












ウッディ産卵1

ウッディ産卵2
お尻を木に突っ込んでいるではないですか!!(嬉)

どうやら最初に彼女が選んだのは砂埋めレイシ材です。


今のところウッディブリードの経過はこんなところです。



しかしまぁ、転勤まであと20日、
今夏はゆっくりとウッディブリードを楽しむはずだったのに・・・





アンテボトル交換


Dainガントク産のボトル交換を行いました。

いずれのボトルも
1本目 11/末 初令 WISH-A800
2本目 4/中  WISH-A1400
3本目(今回)6/10 計測後マットボトルへ

6ヶ月とチョットの経過です。

二本目から三本目への期間が二ヶ月と短いですが、
前回のアンテ記事にも書いたように菌糸から
マットへ移行したかったためです。


以下4頭はWD81×極太51の仔
ガントク501a


ガントク501b


ガントク501c


ガントク501d



次の1頭はWD81×WD44の仔
ガントク501e

皆ずいぶんと成長してくれました。

このタイミングでマットへ移行する理由としては
より幼虫に酸素を取り込みやすい環境にしたかったからです。

しかしながら決して守りに入るためのマット移行ではなく
攻めの姿勢でのマット移行です。

簡単に言うと、
マットを食わせて体重を落とさず維持させる。

そんな狙いです。

どこのマットかはチョット書くことができませんが、
論より証拠で結果で示しているところから買っています。


今回のマットボトルでじっくりと引っ張り、
あと一回交換しマットボトルで羽化まで持っていく構想です。


うまくいくといいのですが・・・




北峰 M-127


ホペイ幼虫を新たに購入しました。


プリカM127
北峰 M-127 F10 幼虫3頭







購入先は
送り状
セブンオークス本店から購入。

ホペイの数ある血統の中において、
昔から知名度があり現在も看板血統で営業をされているショップは
私の知るところでは唯一です。

自分の中ではまさにレジェンド。
尊敬に値します。


昔から、

「いつかはセブンオークスを本店から」

という憧れを抱きながらも、なかなか所有する機会がなく
現在に至るわけですが、

今ならちゃんと向き合うことができるかなと
そう思い購入しました。

まずは3頭に頑張ってもらい羽化までしてもらわなければなりませんが、
セブンオークス北峰をじっくりと味わい楽しんでいきたいと思います。


形状云々といった一部の話しではなく、伝説に触れる楽しみとして。



M127幼虫


M127ボトル






ウッディ用産卵木


ウッディ用産卵木の準備状況ですが、
ある程度の仕込みが肝要と考えています。


まず調達状況ですが、
今年の年初に購入済です。

あとはVN材(ベトナム材)があるとベストですが、
今のところ入荷情報はありません。




◇各材に加水する前の皮をむいた状態の写真

レイシ
ドルクスグッズさんの砂埋めレイシ材AAA



ナラ
グローバルさんのナラ材AA




以下、富山のクワ貧さん
エノキ
天然エノキカワラ材



ケヤキ
天然ケヤキ



ミズナラ
天然ミズナラ



ブナ
天然ブナ



さてどれがあたるでしょうか?






次に仕込みです。

バクテリア
マットへの漬け込み。


ステップとしては、

◇醗酵マットへウッディ幼虫の糞を適量入れ攪拌後、数日寝かせ
 バクテリアマット作成
 (ウッディ幼虫の糞は成虫ペア購入時、購入元にお願いしいただいたもの)

◇加水前に全ての材の樹皮むき処理

◇水は水道水を風通しの良い場所で天日干ししカルキ抜き処理

◇バクテリアマットを水へ適当に入れ水溶液作成

◇材への加水は一本ずつ手持ちで実施

◇加水時間は木の種類でバラツキあるものの、
 概ね1分~2分、(全くの感覚で行っています。)

◇加水後は少し(10分程度)陰干し後Fe3+を塗布

◇バクテリアマットを材全体に擦り込むように塗布

◇コンテナ内でバクテリアマットで覆い熟成させる

◇熟成期間は1~2週間程度



と、こんな感じです。
結構手間が掛かってますが気になりません(笑)

はたしてウッディ飼育の最大目標(当方の)である幼虫採取まで
いたるのでしょうか?

楽しみですね。




ウッディペアリング


昨日よりブータンウッディWF1のペアリングを開始しました。

ウッディペアリング


ペアリングを開始するまでのステップとしては、

◇♂♀共に活動開始から約2週間経過
 (マット上に出てきた時点からを活動開始と表現)

◇ゼリーは18gを4個ほど摂取

◇温度は24℃±1℃で管理
  22℃以下になると活動がやや低下する感じ。

◇一週間前に♂のケース内にえさ皿を入れる。
 (ペアリング時の足場)

◇ペアリングの三日ほど前から、♂のケース内に
 ♀ケース内のマット(水ゴケ)を毎日少量ずつ移し替え。
 (♀の匂いなどから♂に気づきを与える狙い)

◇前日には♀が食しているゼリーからスプーンですくい
 ♂のゼリーカップ内に入れる。
 (更に♀を意識させる狙い)

◇6/3大安 11時~♀を♂のケース内へ移す
 天候 AM 雨 湿度78% ⇒ PM晴れ
 ♂♀活性に問題なしと判断しペアリング開始。
 また一週間ほど前から大安のこの日が雨ならペアリングを
 開始しようと考えていましたが、見事に雨となり計画通りにいきました。

◇♀を投入後、しばらく観察していましたが、
 まずは喧嘩することなくホッとしました。
 特に♂が興奮状態に陥り動き回るということもなかったです。
 ただ念のため♂が挟みそうになった場合を想定し、霧吹き
 は傍らに準備しておきました。
 数分するとえさ皿の対極に位置する場所に♂と♀が
 ポジションを取り動く様子がなかったので
 一旦観察をやめました。

◇翌日ケースを覗いてみると、えさ皿の上で
 ♂がメイトガードをとっていました。
 ♂も♀も穏やかな感じで、特に興奮状態ではありません。

◇ペアリング期間は5日を目処とし、
 状況を見ながら判断していきたいと思います。



次のブログでは産卵セット(木)の準備状況について
書きたいと思います。


 




プロフィール

OtokonoRoman

Author:OtokonoRoman
クワガタの飼育で一喜一憂しています。特にホペイが好きです。
中でも福建省武夷山(ウイシャン)血統をメインに取り組んでいます。

【2017年度ホペイ目標】
●飼育目標:83mmオーバー!
今期種親(エース2頭のみ記載)
♂R833(2016年飼育レコード)
♂T798(2016年羽化№1)
●飼育方針:♂も♀も丁寧に飼育!

【2016年度ホペイ実績】
●目標82mmオーバーを達成!
偶数年度エースインラインで82.4mm羽化

【2015年度ホペイ実績】
●目標81mmオーバーを達成!
武夷山血統で83.3mmが誕生しレコード認定いただきました。
●形状面では武夷山に求める理想的な個体が誕生!(プロフィール画像の個体)
サイズ79.8 頭幅28.9 顎幅6.6

【2014年度ホペイ実績】
●目標80mmオーバーを達成!ホペイで80オーバーは自身初

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
累計訪問者数