FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武夷山R833



ホペイレコード認定された個体を武夷山R833として管理することにしました。
RはレコードからとったRです。

20161020130727052.jpg

今日はR833が羽化して掘り出した際の時のことを書いてみたいと思います。
今年の3月羽化なので半年以上前のことですが(笑)



R833の3本目菌糸ビン投入時の体重は34.2gと別系統の最大34.5gに次ぎ
二番目の大きさでしたが、掘り出しを行う際にはあまり意識していなかった感じでした。
今思うと、体重からは大きさが期待ができるはずなのにドキドキした感覚がなかったのは不思議ですが、
ラインとして大きさを期待していたのは他にあったからだと思います。

このラインはBE-KUWA記事にも書きましたが、種親♂サイズが72.9mmと小さく、形を意識して組んだラインです。


その種親♂
2016101621275054e.jpg



蛹室はボトル下部に作成されていて、よくある側面に沿う形ではなくボトル直径方向に作られており
羽化しているのは小さい小窓から何とか確認できるような状態でした。

いつものように慎重に掘り出しを進めタライの上にコロンと排出すると裏向きに出てきました。

まずは羽化不全が無いことを祈る気持ちで手でひっくり返し不全が無いことを確認し安堵。
他の個体を見る時もそうですが、だいたい最初に見るのはお尻のあたりで翅がちゃんと締まっているかを見てしまいますね。

手に持ち全体を見て「これはデカイ」と思いました。

出てきたばかりの時の写真
20161016212650c40.jpg


ただこの時点では前ギネスの82.7mmを超えたとは思いませんでした。
ホペイで81mm以上を手に乗せたことがなかったため私にその感覚がなかったというのもありますが、
それよりも私のブリードはまだまだギネスに挑戦できる段階ではないと思っていたことが大きかったと思います。
この年の目標サイズ81mmは超えているな、82mmぐらいあるかもしれない?という心境でした。

まだ赤みが少し残っている状態だったのでその日はノギスを当てませんでしたが、
次の日には我慢できずにそ~っとノギスを当ててみるとその数値は前ギネスを超えており「嘘やろ??」と思いました




掘り出し後3週間ほど経過したときの写真
20161016212816398.jpg
経時的にまだ縮むとしても自分が計測した限りでは前レコードを0.5mm以上、上回ったところで落ち着くかなと思っていました。


その後、5月にむし社へ持っていき計測してもらいましたが、編集長に測定してもらっている最中は固唾を飲むような心境で、「ありますね。」の一言を聞いた時には、新レコードの権利が発生したので嬉しかったのと同時にほっとしました。

それから10月のBE-KUWAレコード号発売までは結果は全く知らされませんので、発売と同時に購入しページを見たときはメチャクチャ嬉しく思わずガッツポーズが出ました(笑)




大事な来年の種親ですが、毎日のように手に乗せ眺めています。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

OtokonoRoman

Author:OtokonoRoman
クワガタの飼育で一喜一憂しています。特にホペイが好きです。
中でも福建省武夷山(ウイシャン)血統をメインに取り組んでいます。

【2017年度ホペイ目標】
●飼育目標:83mmオーバー!
今期種親(エース2頭のみ記載)
♂R833(2016年飼育レコード)
♂T798(2016年羽化№1)
●飼育方針:♂も♀も丁寧に飼育!

【2016年度ホペイ実績】
●目標82mmオーバーを達成!
偶数年度エースインラインで82.4mm羽化

【2015年度ホペイ実績】
●目標81mmオーバーを達成!
武夷山血統で83.3mmが誕生しレコード認定いただきました。
●形状面では武夷山に求める理想的な個体が誕生!(プロフィール画像の個体)
サイズ79.8 頭幅28.9 顎幅6.6

【2014年度ホペイ実績】
●目標80mmオーバーを達成!ホペイで80オーバーは自身初

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
累計訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。